セブンカフェのキリマンジャロブレンドを振り返る

未分類
スポンサーリンク

コーヒー好きとしては最早無くてはならないコンビニコーヒー。皆さんの中にも毎日お世話になっている方も多いと思います。

今回は登場から半年が経ったセブンカフェの高級キリマンジャロブレンドを少し振り返ってみます。

キリマンジャロブレンドとは

コーヒー豆には産地の名前が付くことが多く、キリマンジャロとはタンザニアで収穫されたコーヒー豆のことを指します。

味は「強い酸味」や「フルーツのような酸味」があるといわれていて、日本でも人気のコーヒー豆です。

キリマンジャロブレンドの特徴

10円高い

高級キリマンジャロブレンドは通常のセブンカフェのホットコーヒーよりも10円高く設定されており、レギュラーサイズで110円、ラージサイズで160円となっています。

セブンイレブンが高級と銘打って10円しか値段が変わらないのですごいお得感があります。

カップが青い

通常のホットコーヒーの白いカップに対し、高級キリマンジャロブレンドは青いカップに蓋は黒色という何となく高そうに思える配色です。

家の近所のセブンでは黒い蓋がいつも置いておらず、青いカップに白い蓋というスタイルになります。

結局なんて呼んだらいいか分からない

セブンカフェのホットコーヒー系は、レジで直接注文してカップを貰いますが、その際何と言って注文していますか?

自分の場合は「コーヒーのキリマンジャロのラージ」と言っていましたが、結局なんて呼んだらいいのか分からないまま今日まできています。

そんなこんなで、登場から半年経ったキリマンジャロブレンドをほんの少しだけ振り返ってみました。

未分類
スポンサーリンク
転売初心者奮闘記

コメント

タイトルとURLをコピーしました