ドローン(Drone)とは結局何なのか?わかりそうでわからないドローンに迫る

未分類
Free-PhotosによるPixabayからの画像
Free-PhotosによるPixabayからの画像

ドローンは結局何なのか。

最近では、Amazonが年内にドローンを使った商品配送を始めると発表したことで注目を集めました。今回はドローンに迫ってみたいと思います。

ドローンって商品名のこと?

ドローンは商品名ではなく「無人航空機」というカテゴリーを表した言葉になります。無人航空機のラジコンもドローンと仲間になります。

ドローンが飛行するには「プロポ」と呼ばれるコントローラーが必要です。また、ドローンには安定した飛行を実現するための高い自律性が備わっていますが、それを可能にしているのが各種センサーです。

ドローンについているセンサー

  • GPS
  • ジャイロセンサー
  • 磁気センサー
  • 気圧センサー

これらがドローンの姿勢を制御するためについています。性能を高めると機体そのものが重くなってしまい従来では飛行することができませんでしたが、技術の進化により高性能、小型軽量化によってドローンは普及してきました。

空の産業革命

冒頭でも少し触れたAmazonのドローンを使った配送に加え、ウーバーテクノロジーズはドローンを使ったUber Eatsの実験を開始。その他にも農薬の散布、空からの点検作業などドローンの活躍の場が増えてきています。

ドローンのルール

Q.ドローンを飛ばすのに免許は必要?

A.趣味で使う分には必要ありませんがドローンには航空法により飛行禁止区域や飛行方法が定められています。

  • 空港周辺の上空
  • 人口密集地の上空
  • 夜間飛行
  • 爆発物などの輸送

上記のルールはほんの一例ですがドローンを安全に使うために様々なルールが定められています。

初心者のドローンの選び方

  • 機体重量200g以下かどうか

機体重量が200g以下でしたら200g超えのドローンよりも航空法のルール上、比較的自由に飛ばすことができるのでおすすめです。

トイドローンと呼ばれるドローンなら値段も1万円台からありますよ。

まとめ

これから物流を始め各産業でドローンの進出が始まるかもしれません。
今のうちにドローンの練習をしておけば、いざという時に役立つかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました