SDGsでより良い世界になる!?SDGs17の目標

スポンサーリンク

SDGsの概要

SDGsは(Sustainable Development Goals)の略で、2015年の国連サミットで採択された、2030年までに取り組むことを決めた国連の持続可能な開発目標のことです。

SDGsより以前、国連が2001年に策定したミレニアム開発目標(MDGs)もありましたが、主な内容は先進国が決めており、発展途上国からは反発がありました。

今回のSDGsは発展途上国が目標作りから参加しているので、SDGsの理念の「誰も置き去りにしない」を先進国、発展途上国一丸となって取り組んでいます。

SDGsの目標

SDGsは17の目標があります。

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

以上がSDGsの目標となっています。

日本の達成度

日本は162か国中15位の達成度となっています。
SDGsの目標の中で課題とされているのが

  • ジェンダー平等を実現しよう
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • パートナーシップで目標を達成しよう

これら5つがもっとも低い達成度となっています。

最後に

今回はSDGsを取り上げてみました。学校でも会社でも耳にすることがあると思うのでこれを機に覚えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました